top of page

「認知症のイメージを変える図書館の集い」第2回


主催:横浜市大豆戸地域ケアプラザ

共催:港北図書館・フリーペーパーえがお

企画協力:コスガ聡一

ミエルでサテライト開催している上記イベント(全3回)の2回目が、10月29日(金)に開催されました。



認知症当事者の方の講演があり、認知症であっても講演資料の作成や説明をお一人でできるということに少し驚きました。

また、介護の現場をよく知る「フリーペーパーえがお」の本間さんによる認知症の方との接し方についてのお話など、今回も学びがたくさんありました。

相手の立場に立って考えたり接したりすることが認知症の方と接するときには必要なのだと改めて気づかされましたが、それって認知症ではない方含め、誰とコミュニケーションするときにも必要なことですよね。認知症だからと特別構えるというよりは、普段のコミュニケーションよりちょっと段階を上げるという感覚でもいいのかもしれないと思いました。


次回第3回は、11月19日(金)13:30から15:30の開催です。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「認知症のイメージを変える図書館の集い」第1回

主催:大豆戸地域ケアプラザ 共催:港北図書館・フリーペーパーえがお 企画協力:コスガ聡一 のイベントを、ミエルでもサテライトで開催。 最初音声出力で若干手間取りましたが、2時間があっという間に感じられる中身の濃い講座でした。 認知症は「予防」するものではなく「備える」ものであるとか、認知症が病気であるかどうかの解釈には今も揺れがあるとか、「スティグマ」という意識のことだとか、たくさんの新しく知るこ

Comments


bottom of page